HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  プリキュア   »  ハピネスチャージプリキュア!  »  映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ 感想

ハピネスチャージプリキュア!

IMG_1079.jpg

これ映画でやって大丈夫!?と思うぐらいめぐみの内面に突っ込んだ内容でした



やっと映画のハピネスチャージプリキュアを見てきました!
今回も貸切状態で見れたのは嬉しいんですが、やっぱり一度は子どもがミラクルライトを振ってる姿を見てみたいと思ったり
とりあえずハピネスチャージプリキュアが好きな人なら必見の映画ですね!


IMAG2380.jpg
IMAG2379.jpg

自分が行った劇場には歴代プリキュア映画のポスターがずらりと貼ってありました!
こうして見るとそろそろ20に届きそうなぐらい上映してるんですね~
オールスターズが年を経るごとにどんどん増えていってるのがなんだか笑えるというかなんというか


■みんなを幸せハピネスにすることはできないかもしれないけど…

happp992.jpg

冒頭は無料配信であった通りのサイアーク戦
その時も書きましたが、ここで自然とミラクルライトの説明を入れてるのが上手いと思いました
それに不安要素だったふなっしーも意外と気にならなかったというか、ストーリーに絡むわけではなくテレビ通りのふなっしーがプリキュアに軽く出演してるぐらいの感じでしたからね

IMG_1052.jpg

序盤のこの人形劇の時点でかわいさが溢れまくり!
でもどういう経緯で幼稚園(保育園?)で人形劇することになったんだろう

happp1197.jpg

めぐみとひめがヘマをしてもいおなが華麗にフォロー!
確かにナイス!という感じですが、キリっとしすぎてるのがかえってシュールでした

happp1198.jpg
happp1199.jpg

ひめの王子様論トークにもじもじするいおながかわいい!
いおなってたまにあざといかわいさを発揮するよね


happp993.jpg
happp994.jpg

人形が喋ってビビるひめ
つむぎが人形の姿になっていたのはドール王国の信憑性を高めてプリキュアたちを油断させるためだったんでしょうか
それでも基本的に正体を隠してるのにあっさりプリキュアだと言っちゃった時点でアウトですけどね
実際それでゆうゆうといおなに怪しまれることになりますし

IMG_1053.jpg

早速つむぎに招かれドール王国へ行くもののそこでもサイアークが!
しかも倒してもプリカードを排出せず
そもそもサイアークが出てるのに誰も鏡になってる気配がない時点で怪しさ満点
でもこれはテレビ本編と差別化が図られてる感じがして良かったと思います
劇場版でポンポンプリカードを出しちゃったらそれ本編では使わないの?ってなっちゃいますしね

IMG_1051.jpg

そう言えばゆうゆうは人形たちにもハニーキャンディーあげてたような?
ゆうゆうの征服計画はとうとう異世界にまで…

IMG_1054.jpg
happp1055.jpg

ひめはジーク王子にどうやって惚れるんだろうと思っていたら一目惚れとは
まぁ、ひめの妄想の中に出てきた人物そのままでしたもんね
CMではリボンがまだ早いですわ!みたいなこと言ってましたが、映画本編では割と受け入れてる感じ

happp1056.jpg
happp1265.jpg
happp1121.jpg
happp1122.jpg

散々推していた舞踏会のシーンはやはり素晴らしかった!
とにかくドレス姿のプリキュアたちがかわいいんですよね
さりげにいおなをダンスに誘うぐらさんもちょっとかわいかったです
かわいかっただけにもっと長く見ていたかった…!

happp995.jpg

ずっと気になっていためぐみと誠司のダンスシーン
これもかわいいというか相変わらず誠司がヒロインみたいというか…
今回の映画はブルーが早々に人形にされてしばらく出番がなくなるので誠司大勝利じゃない?と思っていたら…

IMG_1057.jpg

誠司自身も割と早い段階で人形に!
ただでさえテレビ本編でも不遇な扱いなのに映画まで…!
もうめぐみと踊ったからお前は用済みだー!って事?
悲しいなぁ…

IMG_1058.jpg

やってられるかー!
一目惚れしたひめはどうやって失恋しちゃうのかと思ったらジークが人形だと分かる→やってられるかー!と叫んで逃亡…
ま、まぁ、ある意味ひめらしくていいんじゃないでしょうか?
あんまり重い感じで失恋しちゃうのは嫌だなぁと思っていたのでこれぐらいがちょうどいい落としどころなのかも

IMG_1059.jpg

全てはプリキュアを倒すための罠
そしてそれを仕組んだのが幻影帝国幹部ブラックファング
幻影帝国なのに本編には出てないじゃん!と思いましたが、ハワイにマダム・モメールがいたみたいに別の地域担当の幹部なんでしょうね
あえてハピネスチャージプリキュアを狙ったのは多分今一番強いプリキュアだからなんじゃないでしょうか
クイーン・ミラージュ超えを狙っている野心の人物ですしね

IMG_1050.jpg

それでこのブラックファングが思った以上に悪!
こいつが敵なのは最初から分かっていましたが、歴代の劇場版敵キャラの中でもトップクラスに悪い奴なんじゃないでしょうか
つむぎの足が動かなくなったのもこいつが仕組んだ事、という時点でとんでもないですしその後のつむぎの境遇を考えるとよくプリキュアで出したな!と思うぐらい悪い奴です
もしかしたらこいつにもオレスキーと愉快な仲間たちのように悲しい過去があるのかもしれませんが、そんなことは関係なくバッサリ断罪されてしまいました
実際こいつは許しちゃいかんでしょ、というレベルですしね

IMG_1060.jpg

何もできないくせに!
まさか劇場版でめぐみにこの言葉を突きつけるとは…
本編でもまみさんの手伝いとかで足を引っ張ったりはしましたが、めぐみ自身が落ち込むだけで周りからどうこう言われたりとかは特にありませんでしたからね
それだけに非常に重い言葉なわけですが、劇場版でここまで踏み込んでいいものかとちょっと心配に

happp996.jpg
happp997.jpg

臨機応変
つむぎに何もできないと言われ落ち込むめぐみを励ますひめたち
その際にかけた言葉は落ち込んでるなんてめぐみらしくない!というようなもの
あれ?これって本編では誠司もめぐみに言っていましたが、その時はブルーの悩んでもいいというのが正解だったはず…
しかしこの場面ではこれでいいのです!

purip848.jpg

なぜならこんな心の問題に最初から明確な正解なんてないから!
ブルーの言うようなことが正しい場面もあればこの映画みたいに無理やりにでも元気づけるのが正しい時もある!
だからその場その場で臨機応変に対応するのが正解といえば正解なんじゃないでしょうか

happp1182.jpg

だからお前も間違ってないんだよ、誠司イイイィィィイ!!

IMG_1061.jpg

つむぎを救うために動きだすプリキュア
しかしつむぎはこの世界で踊り続けたいはず…
それでも本当は誰かの不幸の上で踊っていても心から笑顔にはなれないということを分かっているわけで
だからこそひたすらに誰かの不幸を利用するブラックファングが悪である、という事が際立ちますね

IMG_1062.jpg

ラブリーライジングソードのバンクのかっこよさよ!
これは本編でも流用してほしいほどのかっこよさでした
主に不幸をつむぐ糸をぶった切る役目で活躍していましたが、できればこれでブラックファングも一刀両断していただきたかった…!

IMG_1064.jpg

ミラクルライトを振るシーンでは元に戻ったブルーが世界中に呼びかけるシーンがシュールでした
お前さっきまで人形だったくせに…!

IMG_1066.jpg

ミラクルライト全力で振るマンと化した誠司
ここで思いっきりライトを振るふなっしーの動きがすごかったです
ここでもあまりにもふなっしー感あふれていましたが、ブルーが世界中の人たちに呼びかけているのでそこにふなっしーも混じってるだけと思えばここも特に違和感はなかったですね
やっぱりスタッフもふなっしーの扱いには気を付けてたのかも
良くも悪くも存在感ハンパないからな…

IMG_1067.jpg

スーパーハピネスラブリーはやはりかわいかった!
ちょっとびっくりしたのがこのフォームもドレッサーで変身するという事
それだったらもしかして他の3人もスーパーハピネスフォームになれるとか?
というかドレッサー使うのに化粧しなくていいのか…

happp1201.jpg

また、ちょうどこのあたりで挿入歌がかかるんですが、すごい盛り上がりどころに持ってきましたね
しかしあまりにも盛り上がる場面すぎて歌がよく聞こえなかったのが残念
これはちゃんと聴きたかったらCD買えよ!という事ですかね?

IMG_1068.jpg

必殺技はラブリー1人で使うのかと思ったら他の3人もラブリーに力を貸す形で参加していました
プリキュア・ミラクルラブモーションが技名でラブリースーパーラブラブストームは追加の掛け声みたいな感じ?
いずれにせよラブリー1人だけじゃないというのは良かったですね

IMG_1069.jpg

そして最後はつむぎと共に現実世界へ帰還、つむぎのバレエをみんなで見てハッピーエンドです
つむぎの足が動かないのは元々ブラックファングの仕業だったので、最後に動くようになってもご都合主義感が薄いのは上手い配慮だと思いました
ただ、プリキュアでも全てを幸せにはできないという事を示すならつむぎの足が動かなくなるのは全く事故でブラックファングを倒しても足は動かない、それでも前を向いて
…という風に持って行っても良かったかもしれませんが、やっぱり最後は気持ちよくハッピーエンドを迎えてほしいですからね

IMG_1074.jpg
IMG_1075.jpg

忘れちゃいけないのが劇場版限定の追加CGがあるED!
去年のドキプリはハートがエンゲージモードになるぐらいの変化でしたが、ハピネスチャージはかなりがっつり追加されていました
ラブリーがスーパーハピネスラブリーになるのはもちろん、空から飛び降りたり、スタジアムで踊ったりとこれだけでも大満足!

EDダンスと言えば最後に来春のオールスターズはダンス?みたいな告知がありましたが、一体どうなるのか…
ダンスオンリーだとどうしても時間は短くなってしまいそうですが、バトルはないのか、キャストはどれだけ参加できるのか、と疑問は尽きません
正式発表が待ち遠しい!

IMG_1071.jpg

今回の映画で唯一心残りなのがフォームチェンジがほとんどなかったこと
確かプリンセスのマカダミアフラダンスしか出ていませんでしたよね?
せめて1人1回ぐらいは大画面でフォームチェンジしてほしかった…!
イノセントフォームも出ないなら出ないでちょっと寂しいですし

IMG_1073.jpg

顔出ししてる時点でイニシャルアルファベット表記の意味ねぇ!
今回のパンフレットはハピネスチャージプリキュアの恋愛についてもちょっぴり触れられていたんですが、ぴかりが丘の情報に詳しいOさんって顔出してちゃその表記の意味ないだろ!
とりあえずゆうゆう視点だとめぐみとひめはまだ本当の恋をしてないようです
めぐみ本当の恋をするとか言ってますが、それはブルーなのか誠司なのか…
というかその言い方だとひめはもう恋愛話ないっぽい?

プリキュアのパンフレットはこういうおもしろいものがあったり、映画のストーリーをざっと振り返られるので見終わった後余韻に浸りつつ眺めるのにすごい適してるんですよね
実は毎回地味に楽しみだったり

IMG_1077.jpg

ついでにクリアファイルでも買おうかなと思ったんですが、各プリキュア個別に売ってたので断念
去年のドキプリや今年のNS3は全員分のクリアファイルが1つになってたから買ったんですけどね~
こういうのは全員分欲しくなる性質なので4人で3,200円はちょっときついです


やっと見に行けた映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ
評判に違わず素晴らしい出来で、やはりプリキュアの映画は鉄板だな改めて安心しました
プリキュア映画は大体泣き所が用意されてるので今回もかなりウルウルと…
でも一番泣けたのはなぜか人形たちがブラックファングに突撃して次々とやられるシーンだったり
1人で劇場を貸し切れたので遠慮なく泣けるんですが、ミラクルライトを振るシーンで俺持ってねーよ!と毎回ちょっとショボンってなっちゃうんですよね
大人はスペシャルを買えという事か…

happp1218.jpg

めぐみの内面にかなり突っ込んだ本作
つむぎに指摘された出来もしないのに無責任な事を言うな、というような言葉
確かにそれはその通りなんですが、個人的にはめぐみはそれでいいんじゃないかと思っていたりします
本編でも足をひっぱたり役に立たなくても誰かの幸せを願いたい、という気持ちでイノセントフォームになりましたしね

ヒーロー的にはできるできないよりもとにかく世界中の人をみんな幸せハピネスにしたいというその気持ちが一番大事なんじゃないかと
この映画ではその気持ちがつむぎを傷つけてしまったわけですが、それでもとにかく諦めない心意気
めぐみには最後までビッグな愛を世界に広げていってほしいです



映画ハピネスチャージプリキュア! 挿入歌シングル
映画ハピネスチャージプリキュア! 挿入歌シングル

映画ハピネスチャージプリキュア!オリジナル・サウンドトラック
映画ハピネスチャージプリキュア!オリジナル・サウンドトラック

ハピネスチャージプリキュア! シャイニングメイクドレッサーDX イノセントハーモニーマイクセット
ハピネスチャージプリキュア! シャイニングメイクドレッサーDX イノセントハーモニーマイクセット

ハピネスチャージプリキュア!特別増刊号 2014年 12月号 [雑誌]
ハピネスチャージプリキュア!特別増刊号 2014年 12月号 [雑誌]


関連記事
Comment
プリキュアと言えども万人は救えない・・・
この映画、実は既に二回も見に行っています・・・
その位内容的に素晴らしいものがあると思います。

この映画、一つ特筆すべきことがあると思います。

歴代プリキュアでもほとんど触れる事が無かったいわばタブーみたいな部分なのですけど
要は「プリキュアと言えども、決して全知全能ではなくて
プリキュアが困っている全ての人達を救済できる訳ではない」という事を明言して 提示していたことは大変印象的でした。
プリキュアシリーズは、決して勧善懲悪なものではないし、
安易な「魔法少女企画」と異なり、魔法で持って簡単に問題が解決できるという物語では ありません。
それはいわば「不文律」というのかオブラートに包むような形で何となく提示をされていたのですけど、
そのあたりを最初に踏み込んだ形で提示したのが「ドキドキプリキュア」のマナとレジーナの関係みたいな ものでしたけど、
ハピネスの映画ではそれに対しても深く切り込んでいったのが実に斬新だったと思いますし、 特に脚本担当の成田良美先生のその勇気と慧眼に対して敬意を表したいと思います。

 「これがあなたの願いなのか? 本当に幸せなことなの?」
 「じゃあ今すぐ足を治してくれるの・・・!?」
 「つむぎちゃんの心配事は私に任せて!」(回想シーン)
 「何もできないくせに助けるなんて簡単に言わないで!」

このあたりのつむぎとめぐみの会話は本当にしびれました・・・・
まさか、こんなド直球をストレートに放り込んでくるとは・・・・
自分自身、言葉を失った思いがありました・・・・

めぐみはプリキュアですし、強いしサイアークも撃破できますし、ラブリービームも放つことも出来ます。
だけど、めぐみ自身の母親の病気を治すことは当然出来ませんし、
ましてや、突然足が動かなくなり大好きだったバレエをする事が出来なくなったつむぎの足を魔法かなんかで治癒する事は・・・・
勿論出来ません・・・・
このドール王国自体、つむぎの「もうバレエが出来ない・・」という絶望を
ブラックファングに言いように利用されたのが真相なのですけど
ドール王国では普通に踊る事が出来るつむぎにとっては、ドール王国を脅かすプリキュアの存在自体が 許されないもの・・・・
それでは「プリキュア」の存在意義とは何なのか、
全ての人達の笑顔は守れても、各個人の願いを叶える事が出来ないプリキュアの存在価値とは何なのか・・・という大変難しいテーマを
この映画は大変魅力的に提示していたと思います。

このシーンを観た時は正直迷いました・・・・

「うーーーん、一体どうやってスムーズに終わらせるのだろうか・・・」と・・・・

プリキュアの力は万能ではない、だからつむぎの足を治すことは出来ない・・・
だけど「ドール王国」という幻想世界の中で
人の不幸を利用してドール王国の力を生み出す行為自体が
本当につむぎが望んでいる事なのか・・・・
果たしてこのまんまドール王国に滞在し続け、永遠に現実逃避を続けることが
本当につむき゜にとって正しい事なのか・・・・
だけど万一現実世界に戻ったとしても、足は動かずバレエも出来ない・・・・
それじゃー、どうするんだ・・・・
幸せは考え方一つで変わる・・・・
足が動かなくなったとしても、例えばバレエの振付師になるとか演出家を目指すとか バレエ音楽の作曲家になるのか・・・
バレリーナとして以外の道もあるしそこにはハピネスがある可能性もある・・・
だから足が動かない現実にきちんち向き合って生きていこう・・・・
みたいな事をラストで提示するのかな・・・そうだとしたら少しというかかなり後味が悪いな・・・・
うーーん、どうするのだろう・・・・と
実は色々と自分自身思いが揺れてはいました・・・・

だけど、結果的に
つむぎの足をブラックファングが意図的にわざと動かないようにし、
つむぎから発せられる「絶望」を利用してドール王国を作り上げ
プリキュア達をおびき出すというブラックファングの意図が判明した瞬間に、
何か力は抜けました・・・・

よかった・・・・これですべてが丸く収まるし、
ラブリー達にとって「戦う動機」が明確になる・・・・と・・・・

今にして思うと、どちらもありなのかなと思っています。
つむぎの足が映画のラストシーンのように無事に動くようになりハッピーエンドで終わらせるのも
大変すっきりとした方法ですし、
つむきの足が現実世界に戻っても動かず、別の形のハピネスを今後模索していく・・・
これもありだとは思います。

この映画のメインテーマは何だろう・・・・

ラブリーというプリキュアでも、一人一人個別な問題の解決は出来ないし
ましてや病気完治という事など出来ないし、する必要もない・・・・
そうしたキリストみたいな全知全能な人がいなくても、自分達には何か出来る事はあるし、
例え不幸が襲ったとしても、それにひるまず前進して歩き続ける事は出来る・・・

そんな事だったのかな・・・と何かふと思ったりもしますね・・・・

ああ、でもこうやって書いているだけで
あの映画を見た際の様々な思いが蘇ってきますね・・・・
ホント(二回も)観て良かったな・・・としみじみ思ったりもします。

Re: プリキュアと言えども万人は救えない・・・
>ぬくぬく先生さん
ぬくぬく先生さんはすでに2回も見られたんですね
確かに今回の映画も何回でも見たくなるような魅力のある映画でしたからね

プリキュアは全知全能の存在ではないというのは当たり前のことではあるんですが、それでもまさかプリキュア内でそのことについて触れてくるとは思わなかったです
ちょうどめぐみの問題とも繋がっていて上手く落とし込んだな、とは思いましたが、その分重たい内容でもありますしね

つむぎの足が動かなくなった原因はブラックファングの仕業でしたが、このおかげでハッピーエンドに持っていきやすくはなったのも確かです
つむぎの足が動かないままEDを迎えるというのもちょっと考えましたが、個人的には映画のパターンの方が後味がすっきりしていて良かったんじゃないかと思います
バレリーナ以外のハピネスを探すという終わり方もそれはそれで前向きでありだとは思いますけどね

オチが分かってから見るとまた違った見方が出来そうなのでできれば自分ももう一度ぐらいは見に行きたいですね
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
おすすめ商品
仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DXゲネシスドライバー&メロンエナジーロックシード

ドキドキ! プリキュア Blu-ray
   

Yes!プリキュア5 Blu-rayBOX
 

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 Blu-ray

映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! Blu-ray

川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス

プリキュア10周年公式アニバーサリーブック

世界制服作戦 ふたりはプリキュア 美墨なぎさ

ハピネスチャージプリキュア! ハピネス変身!プリチェンミラー

ハピネスチャージプリキュア! キュアライン

プリパラ プリパス アイドルリンク ミルキーピンク

烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー

プリキュアエンディングムービーコレクション ~みんなでダンス! ~ Blu-ray

S.H.フィギュアーツ キュアハート

S.H.フィギュアーツ仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box
 

ハピネスチャージプリキュア! かわルン☆コレクション

ガイストクラッシャーゴッド
amazon ホビーランキング
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
プロフィール

キモータ

Author:キモータ
完全に主観的な感想です
一個人の感想ですが、見た人の参考になればいいなと思います

検索フォーム



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。