HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  プリキュア   »  Go!プリンセスプリキュア  »  映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華三本立て!!! 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華三本立て!!! 感想

Go!プリンセスプリキュア

gopre2767.jpg

※ネタバレ全開注意!




テレビ本編ではるはるが復活したのですっきりした気持ちで映画を見れました
プリキュア映画初の3本立てはどうなるのかと思っていましたが、問題なく楽しめましたね
去年までの単独映画と比べるとシリアスさを抑えてエンタメ感を強くした、という印象
単純なおもしろさならやっぱり長編一本に絞った方がいいとは思いましたが、これはこれで十分おもしろかったです
来年のまほプリ単独映画もまた変わった形式になるのかな?

P1301.jpg

映画のパンフレットに鷲尾さんのインタビューが掲載されていて、今回の映画や今後のプリキュアについて解説されていました
今回の構成についても読んでみるとなるほど、と思える部分があったり
最初の短編は台詞なしで、ミラクルライトを振るタイミングでい・ま・よ!みたいなマークが出てきたんですが、あれはその後の練習だとか
短編→長編→中編という順番にしたのもEDダンスが中編と同じCGなのでシームレスにこれで終わりだな、という気持ちに入っていけたんですよね
今後のプリキュアも挑戦の連続だとは思いますが、次回作の「魔法つかいプリキュア!」もこれまでのシリーズにはないものを見られるのが楽しみです!


■キュアフローラといたずらかがみ

P1303.jpg 
P1304.jpg 
gopre1914.jpg 
gopre2522.jpg 
gopre2124.jpg 
gopre2947.jpg

まずは短編のいたずらかがみ
これはまさにおまけ映画という感じでしたね
鷲尾さんの解説にあったように子どもが映画に入り込むための準備といった感じ
台詞が全くありませんが、ディズニー映画に出てきそうなプリキュアがぐりぐり動いてるのを見るだけでも結構楽しかったです
ハピプリのかわルンルンの如くコロコロ衣装が変わるフローラもかわいいですしね
だけど台詞がないからか、キャラクターの性格的にフローラはここで泣いちゃうような子だっけ?みたいなちょっとした違和感はありましたが、そこはおまけ映画ということで

P1302.jpg

この短編にはフローラしか出てこないと思っていたら最後の最後に他の3人も出てきたときは「あっ!」となりました
タイトルにもキュアフローラとありますし、これまで出てくるという情報がなかったのでこれはいいサプライズでしたね

■パンプキン王国のたからもの

P1308.jpg 
P1309.jpg

今回の3本立て映画で一番のメインであろう長編映画
例年より短い分やっぱりどうしても駆け足に感じる部分がありましたね
それでもテレビ本編とは舞台が違ったり、映画限定フォームが出てくる、というお約束の部分はしっかり完備
その中でいつもと一番違うと思ったのがゲストヒロインであるパンプルル姫
パンフレットにやさしくて強いお姫様と紹介されてるんですが、これが本当に強い!
強いというのは戦闘力的な意味じゃなくて精神的な意味で
これについてはまた後述します

P1307.jpg 
gopre091.jpg

今回の映画にゆいちゃんは出てきますが、カナタは出てきません
そう、ゆいちゃんは出てくるんですが…
これについてはやられた!と思いましたね
予告映像にも出てるのでちゃんと出番があると思っていたのに…

gopre087.jpg

パンプキン王国にはついてこないなんて…
正確には置いていかれるような形なんですが
考えてみればこの画像にもゆいちゃんいないんですよね
いたずらかがみのフローラ以外のプリキュア登場とは逆の意味でのサプライズでした
それでも一般市民の避難誘導をしていたゆいちゃんは輝いてたよ…!

P1310.jpg 
P1311.jpg 
P1312.jpg 
gopre2333.jpg 
gopre2334.jpg 
gopre2335.jpg 
gopre2336.jpg

パンプキンカフェでスイーツを堪能してるとゼツボーグに襲われ戦闘
その後なぜかパンプキン王国へ飛ばされる…というところから始まる物語
特大プリンを食べるはるはるがちょっとあれ?と感じるのが後の伏線になってます
パフェゼツボーグはその見た目に反して映画の敵キャラらしく思ったより強かったですね
映画なのでもちろんアクションもすごいんですが…先日の39話が戦闘も含めてもろもろ気合入りまくってたせいでそこまですごいと感じられなかったり
はるはるが復活してから見に行ったので気分的には良かったんですが、こんなところに弊害が出てくるとは…

gopre2515.jpg 
gopre2516.jpg 
gopre2517.jpg

予告映像の時点で敵キャラだともろバレなウォープですが、最初は善人面でこの国の大臣とかのたまってくれます
諏訪部さんの演技と相まって胡散臭さMAXなのがたまらない
というかどうにもめが兄ぃみたいに聞こえるのがおもしろくてしょうがなかったです
パン・プウ・キンの3妖精は実は最初からこの国が危機的状況であることを伝えてくれてるんですが、言葉が喋られないのではるはるたちには伝わらず
まぁ、最初から気付いちゃったら上映時間が半分以下になっちゃいますけどね

gopre2752.jpg 
gopre2753.jpg 
gopre2754.jpg 
gopre2755.jpg

なんやかんやとプリンセス大会とやらに巻き込まれる4人
プリンセスと聞いたら黙ってられませんよね
まぁ、はるはるたち以外の参加者は全員ゼツボーグなわけですが
予告映像の謎の格好をしていたのはそれぞれダンス・ウォーキング・ミュージック・クッキングで種目が異なっていたからでした
それでもはるはるだけ割烹着なのは普通にギャグでしたけどね

P1314.jpg

そしてこのウォーキング種目に参加するきららの衣装がものすごくセクシー…!
ネタバレOPで見た時はあまり思うところはなかったんですが、実際に映画で見るとものすごくセクシーに見えてしまう不思議
特にこの座ってみなみさんのダンスをやるじゃん、と見てるシーンがやばかった…

P1315.jpg

そして割と早い段階からウォープや、プリンセス大会に怪しさを感じるトワ様
本編でもクローズの変装を1人だけ疑っていたのが記憶に新しいところ
映画でもこういう描写があったということで、トワ様はディスダークにいた経験から悪の気配に敏感なんだとに脳内補完しました

P1316.jpg 
gopre2518.jpg 
gopre2519.jpg 
gopre2127.jpg

トワ様が何か怪しいと踏んでるという事で調べてみるとこの国のお姫様パンプルル姫が幽閉されてる事が発覚!
そしてはるはるとパンプルル姫の交流が…となるんですが、実は直接的に会話するのは本当に後半になってからなんですよね
この幽閉状態での交流はアロマが伝書鳩みたいに頑張って行き来してくれるからだったりするわけで
ここのアロマは本当に偉いなーと思いました
それにしてもゲストヒロインと直接会話をせずに話が進んでいくというのも珍しいですよね
でも予告映像やネタバレOPだと普通に会ってるように見えるミスリードをかましてくれてるって言うね
パンプキン王国についてこないゆいちゃんの件もそうですが、プリキュアは映像で騙すのが上手いな!

P1334.jpg 
P1317.jpg 
P1318.jpg

お姫様が幽閉されてるならプリキュアに変身して助ければいいんじゃない?と思いましたが、そこでプリンを作るのがはるはる流
王様とお妃様はウォープによって夢をゆがめられパンプルル姫のことを忘れちゃっています
だからまずは2人の心を救うためのプリンを…というわけですね
ここではるはるの回想が出てきたときはちょっと「おっ」ってなりました
だってつい先日のGoプリでもはるはるの回想で子どもはるはると両親が出てきたんですもの

gopre3035.jpg 
gopre3050.jpg

回想シーンははるはるの成長具合的にちょうどこの中間ぐらいかな?
その割にはるはるパパが肥えてる気がしますが…
この回でもえママ好きになった人多いと思う

P1319.jpg

ここのトワ様がめちゃくちゃかっこいい!
みなみさんときららが敵の手に堕ちてしまうんですが、トワ様だけは最初から警戒していたおかげで免れるんですよね
単独バンクがあるのはフローラとスカーレットだけっていうのも美味しい
まぁ、変身したら即捕まっちゃうんですけどね!
このシーンがかっこよかっただけにあっさり捕まっちゃったのはちょっと「えぇ…」ってなっちゃいました
単独映画は基本的にピンクプリキュアが主役だからしょうがないと言えばしょうがないんですが、できればそのままの勢いでフローラと快進撃をかます雄姿が見たかった…!

P1320.jpg

わたしはプリンを食べる!
捕まった状態を打破するのはもちろんフローラ
それはいいんですが、その時の台詞がプリンを食べる!っていうのはちょっとびっくり
最初の方でプリンを食べた時の反応が伏線になっていて、この台詞が出てくるっていうのは分かるんですが、パンプルル姫を助けるとかじゃないのか!と予想外でしたね
こういう台詞も含めて今作は例年より気軽に見られる話になってると思います

gopre2759.jpg 
gopre2760.jpg 
gopre2761.jpg 
gopre2762.jpg 
gopre2764.jpg

そしてウォープとの決戦へ
またまたしつこいんですが、ここのネタバレOPでもミスリードがありました
実はフローラの戦闘シーンと他の3人では場面が違うんですよね
フローラが戦ってるのは大量のゼツボーグで、3人が戦ってるのはウォープ
これも映画で見てて「あれ違うシーンだったのか…」と驚かされました
あ、ここのスカーレットの白羽取りはやられたりせずにバッチェかっこいいですよ~!

P1321.jpg

巨大化は負けフラグ
例の如く最終決戦では巨大化するウォープ
破壊描写なんかはすごいんですが、例年より時間が短いせいで結構すぐやられちゃった印象
ちなみにウォープの目的はプリキュアをコレクションすること
そのためだけに一国をめちゃくちゃにするというなかなかに狂った奴ですが、そう言えば去年もプリキュアをコレクションしてるハンターがいましたね…
ウォープからはディスダークの話が出ないのでディスダークとは関係ないキャラなのかもしれませんが、ウォープという名前とカメレオンにも特に関係がないのかな?
クローズとクロウ(カラス)やロックとフロッグ(カエル)みたいな関係性があるのかと考えてみたけどさっぱり分からん!

gopre2949.jpg 
P1322.jpg

ここで最初の方で書いたパンプルル姫についてもう一度
例年のゲストヒロインキャラは気持ちが弱くなってる所をプリキュアに励まされて…というのがセオリーなんですが、このパンプルル姫は一味違いました
どういうことかというとプリキュアが巨大化したウォープにどうしよう…ってなってるところに諦めてはいけません!といつもと逆パターンで出てくるんですよ
これには本当にびっくりしました
確かにここまででプリキュアたちとは全く交流がなかったキャラなんですが、プリキュアと関係なしにここまで精神が強いゲストキャラというのもかなり珍しいと思います
ずっと幽閉されていたのはただ単に脱出するきっかけがなかっただけで、プリキュアたちはあくまでそのきっかけにすぎなかったんでしょうね
今回の映画は鷲尾さんのインタビューを読んだところ子ども達が頑張る話みたいなので、こういう強いキャラクターになったのかもしれません

gopre2950.jpg 
gopre2130.jpg 
P1305.jpg

巨大化ウォープはパンプキンキーで変身したモードエレガント・ハロウィンの必殺技プリキュア・ハロウィン・エクレールでフィニッシュ
この必殺技にもプリンセスパレスを使ったのはちょっと意外
しかもパンプキンキー4本全挿しでしたし…まさかおもちゃ持ってる人は4つ集めろってこと?

P1323.jpg

王様とお妃様は本当のたからもの、パンプルル姫を抱きしめてハッピーエンド
2人がパンプルル姫の許へ走っていく場面でこんなもの!と宝石などの装飾品を外していく姿は結構涙腺に来るものがありました
この長編のタイトルにあるたからものっていうのはパンプルル姫のことですからね
そのたからものに駆け寄るシーンで見かけだけのたからものである宝石とかを捨てていくのはジーンときます

P1306.jpg

そして全てが解決した最後の最後でミス・シャムールとクロロが登場!
特にシャムールはおまたせ、みたいな感じでものすごく美味しい現れ方をしてくれました
残念ながらクロロは喋りませんでしたが、出てきてくれただけでも嬉しいです

P1300.jpg

EDが流れる中、ジャック・オー・ランタンのゆいちゃんにびびるみなみさんがかわいい
EDでもこういう遊びがあると最後まで気持ちよく見ていられるんですよね

■プリキュアとレフィのワンダーナイト!

P1324.jpg 
P1325.jpg 
gopre095.jpg

そして映画のラストを飾るのは中編であるこの作品
実は長編映画と地続きの物語になってるんですよね
パンプルル姫からもらったレフィの人形が物語のスタートになっているので、長編映画のエピローグ的に受け取る事もできます
ただ、パンプルル姫のお母様が作った人形がなぜ?という疑問が残るわけですが、自分はフレプリ劇場版みたいなおもちゃの王国みたいなものがあって~という風に解釈しました
まぁ、劇場版ですし特に深く考えなくても十分楽しめる内容になっているんですけどね

P1326.jpg 
gopre2941.jpg 
gopre2942.jpg

中編映画という事で物語はサクサク進みます
なぜかフローラだけじゃなく他の3人も一緒にパンプキングダムへ招かれ、ナイトパンプキンによって朝や昼がこなくなったこの国をレフィと共に救うというもの
小難しい事は一切抜きでゴールが明確になっているので映画の最後を飾る作品として非常に見やすくなってます
それに何よりEDで毎回見てるCGクオリティが全編に渡ってワチャワチャ飛び跳ねたりコミカルなシーンもあったりで、ずっと見ていたくなる楽しさがあるんですよね

P1327.jpg 
gopre099.jpg 
gopre2943.jpg 
gopre2133.jpg

カボチャのゼツボーグとのおいかけっこも楽しい!
CGならではのアクションがすごいんですよね
レフィのライブシーンは予告映像の時点でどういう状況なんだろうと思っていたら、敵を引きつけるための作戦でした
レフィを演じてる上垣さんの子役らしい喋り方や歌い方と相まってとてもかわいらしくなっています

P1328.jpg 
gopre2337.jpg 
gopre2765.jpg 
gopre2339.jpg 
gopre2340.jpg 
gopre2341.jpg

もちろんバトルアクションも素晴らしい!
プリキュアのCG技術も来る所まで来たという感じです
ナイトパンプキンもグルン!と顔が反転したり、デスタムーアみたいになったりと中尾さんの演技も加わっておもしろい敵役です
でもナイトパンプキンの腕や足がめちゃくちゃ細いのでそこ叩いたらぽっきりいくんじゃ…?とちょっと気になっちゃいました

P1329.jpg 
P1330.jpg 
gopre2342.jpg 
gopre2343.jpg 
P1331.jpg 
P1332.jpg

パンプルル姫とは違ってレフィはいつものプリキュア映画らしくフローラが手を差し伸べます
物語もこのレフィが中心になっていますしね
全体を通したストーリーもこの中編の方がいつものプリキュア映画っぽい感じでした
さらに短い分分かりやすくなってるので、CGのすごさも合わせて評価が高いのも頷ける内容になっているんじゃないかと
とにかく見やすくて楽しい!を追求したエンタメ感たっぷりの15分でした

gopre3211.jpg 
gopre3212.jpg 
gopre3213.jpg 
gopre3214.jpg 

そしてグランドEDへ
この前のプリキュアはこの映画バージョンをさらに推し進めたものになっていたんですね
最初の方にも書いたように中編と同じCGでEDに入るのですっと終われるのがいい!
39話も含めて「夢は未来への道」は聞けば聞くほどどんどん好きになる歌だと思います

P1333.jpg

パンフレットにはプリキュア声優への簡単なインタビューやサイン色紙が掲載されているんですが…
きらら役の山村さんのサインにはトゥインクルの絵が!
上手い!かわいい!すごい!

P1336.jpg

お前じゃい!
パンフつながりで子ども向けのクイズなんかもあって、その中の一つにちょっと笑ってしまった
ヒントは海のプリキュアよ!って自分で姿を見せてまで主張するマーメイドに草が抑えられない

P1299.jpg

プリキュア初の三本立て映画という事で期待と不安が入り混じっていましたが、いざ見てみるとちゃんとプリキュア映画をしていました
例年に比べて楽しい雰囲気が強めなのでシリアスな作風を求めてる人にはちょっとイマイチに感じるところもあるかもしれませんが、見て後悔するようなことはないと思います
実験的な意味合いが強い短編や気持ちよく見終われる中編なんかは例年にはないものなので、それだけでも見る価値があるんじゃないかと!
また、最後に来年のオールスターズの告知がありましたが、今度はどんな話になるのかな?
プリキュアの涙が奪われるとのことですが…
何にせよ魔法つかいプリキュアのメンバーも加わったオールスターズはどんな内容になるのか楽しみです!



『Go!プリンセスプリキュア』特別増刊号 2015年 12 月号 [雑誌]: Animege(アニメージュ) 増刊
『Go!プリンセスプリキュア』特別増刊号 2015年 12 月号 [雑誌]: Animege(アニメージュ) 増刊

映画プリキュアシリーズ オープニング&エンディングムービーコレクション [Blu-ray]
映画プリキュアシリーズ オープニング&エンディングムービーコレクション [Blu-ray]


関連記事
Comment
妖精役!
花澤香菜さんに次は妖精役を演じてもらいたい!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
おすすめ商品
仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DXゲネシスドライバー&メロンエナジーロックシード

ドキドキ! プリキュア Blu-ray
   

Yes!プリキュア5 Blu-rayBOX
 

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 Blu-ray

映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! Blu-ray

川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス

プリキュア10周年公式アニバーサリーブック

世界制服作戦 ふたりはプリキュア 美墨なぎさ

ハピネスチャージプリキュア! ハピネス変身!プリチェンミラー

ハピネスチャージプリキュア! キュアライン

プリパラ プリパス アイドルリンク ミルキーピンク

烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー

プリキュアエンディングムービーコレクション ~みんなでダンス! ~ Blu-ray

S.H.フィギュアーツ キュアハート

S.H.フィギュアーツ仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box
 

ハピネスチャージプリキュア! かわルン☆コレクション

ガイストクラッシャーゴッド
amazon ホビーランキング
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
プロフィール

キモータ

Author:キモータ
完全に主観的な感想です
一個人の感想ですが、見た人の参考になればいいなと思います

検索フォーム



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。