HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  プリキュア  »  映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法! 感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う 奇跡の魔法! 感想

プリキュアオールスターズ

pread0063.jpg

今までのオールスターズの集大成的な素晴らしい映画でした!




気がつけばそろそろ上映が終わるということで慌てて見に行ってきた今回のプリキュアオールスターズ
とりあえず見終わった後にすぐ後悔が襲ってきました…
なぜもっと早く見に来なかったのかと!
いやもうめちゃくちゃおもしろかったです!
自分の中でオールスターズ最高傑作はDX3だと思ってるんですが、それに迫るぐらいに楽しめました
本当にもっと早く見に行っていればあと何回かは見れたものを…!
最近は映画に行ってもキンプリばっかり見ていたからなあ

今回の感想は5つの項目に分けて書いていきます

1.魔法つかいプリキュア!新人研修 byプリキュアオールズターズ

mahop1247.jpg 
mahop1722.jpg

現行プリキュアにとっての登竜門、新人研修
そんな風に言われる事もあるプリキュアオールスターズ
今作は特にその側面が強い作風になっていたんじゃないかと
冒頭で立派なプリキュアになるぞ!と張り切るふたり、すごい先輩プリキュアを目の当たりにして感動…とここまでだったら毎年のオールスターズとそう変わらないんですが、今回は敵の強さに打ちひしがれる場面まであるのが大きな違い
大体オールスターズだとプリキュアたちが涙するような場面があったとしたらプリキュア全員が泣くようなことが多いんですが、今回はその役割はまほプリのふたりだけ
魔法つかいプリキュアとそれ以外のプリキュアオールスターズという風にくっきり区別されて描かれているんですよね
だからこそこのふたりの新人感が際立つし、歴戦のプリキュアたちがいかにすごいかということがよく分かります

ただ、これはまほプリにがっつり感情移入できるというメリットがあるんですが、それ以外のプリキュアが「その他」みたいに感じでもおかしくないデメリットもあったり
今回のオールスターズに対してイマイチに思う人はそのあたりがひっかかるかもしれません
タイトルとしてはプリキュアオールスターズを冠していて確かにオールスターズが出演してはいるんですが、主役は完全にまほプリチームなんですよね
それは前作であるGoプリですら例外ではなく、全員声ありで出演しているのに「プリキュアオールスターズの中の1チーム」という印象だったり
これは年々増えるシリーズの宿命なので個人的には現行作品を主役に据えたのはむしろ好感触だったんですが、オールスターズじゃないじゃないか!と感じる人がいたとしてもしょうがないと思います
ただ、繰り返しになりますがこれはシリーズとしての宿命でもありますし、来年以降はオールスターズでなくなるとの話もあるので今回はその試金石だったのかもしれません
なんだか批判っぽく見える気もするので、自分としてはむしろそれが良かったと感じたのももう一度書いておきます

2.DX+NS+春カニ=本作

mahop1909.jpg 
mahop1905.jpg 
mahop1466.jpg

プリキュア映画20作記念!と制作自ら若干ハードルを上げた宣伝をしていた今回のオールスターズ
いざ蓋を開けてみるとそのうたい文句に恥じない素晴らしい作品だったと思います
単純におもしろかった、というだけでなくこれまでのオールスターズの集大成的なものだと感じました
DXのように終始バトルバトル!で退屈する暇もありませんし、バトルの連続の中にNSで培ったゲストキャラクターを中心にしたストーリーを展開させ、春カニで出てきた歌とダンスをミュージカル風に仕上げていますからね
さらに一部のプリキュアにはバンク映像を使った名乗りまでありました
先ほど主役はまほプリだと書きましたが、作風的にはどこを切ってもオールスターズでもあるんじゃないでしょうか
だからまほプリがメインでもしっかりオールスターズだと感じられたのかもしれません

mahop0037.jpg 
mahop1475.jpg 
mahop0024.jpg

まずバトル!
この成分が予想以上に多かったのが一番嬉しかったです
NS以降プリキュアバトルが減っていたのがオールスターズではちょっと不満点だったので、これが復活しただけでも最高でした
特に良かったのがピーチ、ブロッサム、メロディ、ハッピーのピンクカルテット
それこそ全員声ありだったGoプリ、ハピプリ、ドキプリよりも印象に残ってるぐらいです
全然揃ってないチーム名乗りだったり、スペシャルな必殺技はミラクルが軌道修正したりとシリアスな状況なのに笑いどころを作ってくれたのもいい感じでした
もちろんギャグだけじゃなくてバトルも最高!
ピーチ&メロディの漢女度の高いコンビはかっこいいし、ブロッサム&ハッピーはちょっとゆるいけどちゃんと先輩してますし
登場時間以上に密度の高い4人でした

それと予告映像の時からずっと気になっていた歴代ラスボスの扱いについて
ここもいくらか賛否の別れるところではあると思うんですが、個人的にはあまり気になりませんでした
再生怪人は弱い、というお約束通りそれほど強くないんですが、ミラクルとマジカルを一時的にとは言え絶望させる程度の強さはありましたしね
それに記憶から作り出したものでオリジナルではないという説明もあったので弱くてもまぁいいか、みたいな
それに歴代ラスボスの中で唯一デスパライアだけ出てこないのも良かったと思います
プリキュアと和解したラスボスですし、出てきたらプリキュア5のラスボスだけ2体出てくることになっちゃいますしね
まぁ、和解云々で言えばノイズ様やレッドもそうなんですが…ノイズ様は漂白前の状態だし、レッドはまぁ…地球を壊そうとしてた時の恐怖がラブリーたちに残ってたってことで

mahop1718.jpg 
mahop1251.jpg

そしてミュージカル要素
ゲストキャラクター中心のストーリーについては次の項目で触れます
プリキュアでミュージカルってどんなものなんだ?と宣伝OPやCMでも気になっていた部分
正直みらいとリコがいきなり歌いだした時は「!?」という感じでしたが、だんだん慣れていきました
ぶっちゃけ子守唄以外の歌はストーリー的に必要はないんですが、これがあるおかげで全体的に明るさが保たれてるような気もします
実は今回の話って結構暗めなんですよね
改めて振り返ってみるとそう気付くんですが、見終わった直後なんかは楽しい気持ちでいっぱいになっています
それはハッピーエンドで終わるからってだけじゃなくて、このミュージカル要素のおかげなのかもしれません
途中何の描写もなしにいきなり大量のプリキュアが捕まっちゃってるんですが、その時もなぜか歌いだすおかげであんまり絶望的な気持ちにならないというか、妙にとぼけた雰囲気だったり
その時のマリンのツッコミもそれに拍車をかけていますね
あ、今回もマリンの待遇は健在でした
ある意味殿堂入りのキャラだな…

3.素晴らしき悪役、ソルシエールとトラウーマ

mahop0032.jpg

今回の敵キャラであるソルシエールとトラウーマ
まずはソルシエールについて
この子はもう予告映像の時点で、「あ、これは何か事情がある絶対悪じゃない奴だな」と思っていました
そして実際その通りでした
ただ1つ予想外だったのはその歌唱力!
恥ずかしながら俳優や女優についてはあまり明るくないもので、周知のことだったらなおさら申し訳ないです
春カニのオリエンタルラジオさんも上手でしたが、ソルシエール役の新妻さんはまさに歌手としての上手さという感じでした
今回の作品は歌というものが重要なキーワードになっていて、それに説得力を与えるのに十分以上のものを疲労してくれたと思います
あの歌なら最終決戦でプリキュアたちがパワーアップしたのも頷けるというもの

そしてもう1つ、ソルシエールというキャラクターそのものについて
まさにNSの系譜を継いだストーリーの中核を担うゲストキャラクターであり、もう1人の主人公とも呼べる存在です
バトルバトルの連続ではあるんですが、物語の中心にソルシエールがいるのでしっかり印象に残るんですよね
このソルシエールの扱いで特に良いと思ったのが、罪の意識と謝罪があること
後半、プリキュア側に付く事になる彼女ですが、その前にトラウーマから今までプリキュアを傷つけてきたという罪をつきつけられます
実は良い奴だったからとなあなあで済ませず、一度罪と向き合わせる描写があったからなおさらソルシエールに好感が持てました
さらにその後の謝罪も被害をこうむった側であるミラクルとマジカルが割と軽い感じで許しちゃう、ってのがまた良いんですよ
罪を憎んで人を憎まず、被害を受けた人間が許すのならもうとやかく言う必要はありませんからね
ミラクルとマジカルはふたりとも一時は何で私がこんな目に…と絶望してたのに、軽く気にしてないなんて言えちゃうのがすごい
さらにさらに、その後ソルシエールが新たな夢を持つのもグッと来るところ
これもあるから最後は気持ちよく見終われるんですよ

これはどうでもいいことなんだけど、ソルシエールの頭の割れたハートは最後にくっつくかと思っていたら2つになったのは意表を突かれた
まほプリがふたりだからなのかな?

mahop1476.jpg

そしてもう1人の悪役にして黒幕トラウーマ
こいつもソルシエールとは反対に、予告映像の時点で黒幕だな、と思っていたキャラ
これまたその通りではありました
ただしその悪役っぷりは予想以上
見た目がコミカルな感じですし、多分あんまり大したことがない奴なんだろうなー、なんて思っていたら真の姿にびっくり!
キモ怖い!
名前の通り、子どもによってはトラウマになりかねない見た目!
世界を無にしようとしてるという悪役然とした目的に反した見た目から、どこからどう見ても悪そのものな見た目になっちゃうんだもの
こちらはソルシエールとは違って特に事情があるわけじゃない純粋悪なので、プリキュアがぶっ飛ばしてくれると素直に気持ちいいのがまた良かった

でも何より良いと思ったのがトラウーマの執念
後半でソルシエールが改心しそうになった時に、それに付き合って良い話っぽくまとめようとするんですよ
しかしそれが罠!
まんまと引っかかったミラクルは感動の涙をこぼして目的成就…となるわけです
いや、本当にこれはすごいと思いました
だってトラウーマにとってソルシエールは主どころか自分の力を封印した奴の弟子という憎い相手
そんな相手に付き従ってプリキュアの涙を集めようとするとか、並大抵の執念じゃありませんよ
しかも最後の一押しはソルシエールに合わせて、まるでトラウーマも実は良い奴なんじゃ?と思わせてきますからね
NS以降オールスターズの敵キャラはこういうガチの敵キャラがいなかったので、この執念と純粋悪っぷりにはちょっと痺れました

4.なぜルルンなのか?+いいと思った小ネタ

pread0059.jpg

今回声付きの妖精としてアロパフ、モフルン以外にもなぜかルルンが抜擢されています
さらに喋るだけでなくミラクルと行動を共にするという謎の好待遇っぷり
なぜルルン?と疑問に感じていたんですが、そこは単純に妖精の中でもとびきり泣き虫だからなんでしょうか
涙ながらにプリキュアを助けてくれとお願いする様はそれだけで胸を打つものがありますしね
プリキュラ呼びも懐かしかったです
ただ、ルルンが声ありならポルンも出してほしかったなー、とはちょっと思いました

mahop1917.jpg 
mahop1918.jpg 
mahop1919.jpg 
mahop1920.jpg

それと、ちょっとした部分でおっ、と思ったところをいくつか
テレビ本編に先駆けてサファイアスタイルが登場しているんですが、ちゃんとその特性を生かした戦いをしていたのが好印象でした
ソルシエールの攻撃から逃れるために空を飛べるサファイアスタイルというのは良い選択だと思います
まぁ、変身バンクもない上にすぐやられちゃうのは残念でしたが…
また、最終決戦時にプリキュアみんなで手をつなぐんですが、そこで初代・SS・メロリズといったふたりに縁のあるメンバーは手をつなぐところがアップになるところも細かいながらもいい味出していました
まほプリは過去のそういう部分をリスペクトしているので、これが先輩たち本家の手つなぎだ!という感じだったと思います
これは気になったといってもちょっと意味が違うんですが、なぜかモフルンがクッキー大好きぬいぐるみと化していた謎
最初のはるはるに突撃するのもクッキーのにおいに釣られて、というものでしたからね
その後も隙があればクッキークッキーと、一体何がモフルンをそこまで駆り立てるんだ…と思わずにはいられない
最初はまだちゃんとモフルンのキャラが定まってなかったのかもしれませんが、このやたらと動き回る感じは当初モフルンに抱いていたイメージと近いものがある気がする
実際はかなりできたぬいぐるみ妖精だったわけですが

5.最高のED みんながいるから☆プリキュアオールスターズ

mahop1262.jpg

そして感動のフィナーレへ…
もうこのEDだけでも見る価値があると言ってもいい!
自分の中でオールスターズ最高傑作はDX3ですが、EDはNS3が一番好きでした
しかしそれも今回で塗り替えられてしまった!
映像も音楽も最高すぎて…
EDがこれじゃなかったらまた違った評価になっていたんじゃないかと思うぐらいに素晴らしいんですよ
特にとうとうエコーがプリキュアオールスターズとしてEDに正式加入したのがもう…!
最後のカットとかドセンターですからね
早くDVDやブルーレイを出してほしい…このEDを繰り返し見続けたい…
それにしてもプリキュアオールスターズって具体的に誰が歌ってるんだろう?
まさか本当に文字通りのオールスターズ?


上映ももう終わるというときになってやって見てきた今回のオールスターズ
感想を書いていて思ったけどこれなんて略せばいいんだろう…奇跡の魔法?みんまほ?みんきせ?
それはともかくとにかく素晴らしい映画でした!
どういうオールスターズを求めてるかで評価は変わってくるところではありますが、プリキュアファンなら是非見てほしい一作!
もしまだ近くの劇場で上映してるけど見てないって人は見ないと後悔するかもしれませんよ?



映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!  挿入歌ミニアルバム
映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! 挿入歌ミニアルバム

映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法!  オリジナル・サウンドトラック
映画プリキュアオールスターズ みんなで歌う♪奇跡の魔法! オリジナル・サウンドトラック


関連記事
Comment
プリキュアオールスター、シンゴジラ勝つのはどっちですか?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
おすすめ商品
仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DXゲネシスドライバー&メロンエナジーロックシード

ドキドキ! プリキュア Blu-ray
   

Yes!プリキュア5 Blu-rayBOX
 

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 Blu-ray

映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! Blu-ray

川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス

プリキュア10周年公式アニバーサリーブック

世界制服作戦 ふたりはプリキュア 美墨なぎさ

ハピネスチャージプリキュア! ハピネス変身!プリチェンミラー

ハピネスチャージプリキュア! キュアライン

プリパラ プリパス アイドルリンク ミルキーピンク

烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー

プリキュアエンディングムービーコレクション ~みんなでダンス! ~ Blu-ray

S.H.フィギュアーツ キュアハート

S.H.フィギュアーツ仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box
 

ハピネスチャージプリキュア! かわルン☆コレクション

ガイストクラッシャーゴッド
amazon ホビーランキング
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
プロフィール

キモータ

Author:キモータ
完全に主観的な感想です
一個人の感想ですが、見た人の参考になればいいなと思います

検索フォーム



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。