HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  プリキュア  »  プリキュアの恋愛事情

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリキュアの恋愛事情

プリキュア

happp926.jpg

でも、プリキュアの恋愛要素…嫌いじゃないだろ?


映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [Blu-ray] プリキュア10周年公式アニバーサリーブック プリキュア ボーカルベストBOX

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [Blu-ray]
プリキュア10周年公式アニバーサリーブック
プリキュア ボーカルベストBOX


プリキュアらしからぬしっとりした恋愛回だった先日のハピネスチャージプリキュア
感想記事では若干批判的な事を書いてしまったのでもしかしたらプリキュアの恋愛要素そのものを嫌ってると思われたかもしれない…と感じたので誤解を解くためにもちょっと今までのプリキュアの恋愛について振り返ろうかなと
1つ断っておきたいのは自分自身決してプリキュアの恋愛要素に反対ではなくてむしろ大歓迎なぐらいだということです
ただ、この前の回がちょっぴり肌に合わなかっただけで…やっぱり恋愛回と一口に言っても色々ありますからね


・ふたりはプリキュア(MH)&ふたりはプリキュアS☆S

futari003.jpg 
ss002.jpg

まずは初代とSS
なぜこの2つを一緒にしたかと言うとなぎさと咲の恋愛要素がかなり似たタイプだからです
藤P先輩も牛乳王子もなぎさと咲にとって憧れ的片思いキャラですからね
両方ともそこそこいい雰囲気にはなりますが、明確にくっつくわけではないというところも共通しています

futari001.jpg 
futari002.jpg

そして初代にはほのかとキリヤという組み合わせも
恋愛的な雰囲気は薄めですが、敵同士で心を通わせあったというところに意義があります
初代とSSは基本的に勧善懲悪というか敵は倒すべし慈悲はない的なところがあるんですが、キリヤに関しては救済されてほしかったという後味の悪さのようなものがあるんですよね
無印最終話でキリヤの生まれ変わり?そっくりさん?のような人物が出てくるのもせつなさに拍車をかけている気がします

ss001.jpg

SSにはサブキャラですが、健太と優子というカップリングも
健太は咲の幼馴染で牛乳王子に対してヤキモチ的な感情を向けたこともあるんですが、いつの間にかこの2人で割といい感じになっていました
幼馴染が別の男と仲良く、というと今のハピプリのめぐみと誠司、ブルーの関係もちょっと近いものがあるかも
こっちはおそらく最終的にめぐみと誠司でくっつくと思うのでまた違いますけどね

・Yes!プリキュア5(GoGo!)

yp5001.jpg 
yp5002.jpg

プリキュア5ならまずはのぞみとココ
プリキュア5に限らずプリキュアシリーズ全体を通してもここまで鉄板のカップルはいないぐらいです
唯一キスを経験しているプリキュアですしね

初代とSSではプリキュアの恋愛要素は片思い止まりで成就までは描かれなかったんですが、プリキュア5では初めて対等な関係の恋愛要素が出てきました
のぞみだけが一方的にココの事を好きなんじゃなくてココものぞみのことを大切に思っていますからね
だからこそクレープ王女の思いは受け入れられなかったわけですし
異種族間の恋愛ですが、のぞみならそれでもなんとかしてくれるだろうという安心感があるのも鉄板な理由の1つですね

yp5003.jpg

恋愛そのものとは関係ありませんが、のぞみとココのキスはキスそのものだけじゃなくこのキスをした直後に唇に手を当てるのぞみのしぐさがハンパなくセクシーだと思っています

yp5004.jpg 
yp5006.jpg

また、プリキュア5には他にナッツとこまちさん、うららとシロップという組み合わせも
両方とものぞみとココほどの進展はありませんが、少しずつ仲良くなっていくのがいいんですよね
こまちさんとナッツは無印からの関係ですが、うららとシロップはGoGoからなので無印でうららが好きだった人には青天の霹靂というか血の涙を流した人もいたりして…?

プリキュア5では実はりんちゃんさんが最も恋多き女なんですが、その結果はことごとく…りんちゃんさんにもいつかいい人が現れるさ!きっと、多分…
また、ミルクもココのことが好きなので実質のぞみと三角関係、最終的にはクレープ王女同様振られてしまうはずですが、そこまでは描写されませんでしたね
比較的恋愛要素強めのプリキュア5において全く絡んでこないのがかれんさん
かれんさんと同じく超ド級のお金持ちであるありすにも恋愛要素ありませんでしたし、お嬢様キャラに恋愛をさせるのは難しいのかも?

yp5005.jpg

これまた恋愛とは関係ありませんが、ファイブDEチャンス回のこのシーンのこまちさんのかわいさは異常

・フレッシュプリキュア!

fre002.jpg 
fre001.jpg

あまずっぺー…という西さんの名言を生み出したフレプリ
この名言が飛び出る回はラブと大輔のあまずっぱさだけじゃなくラブの漢女っぷりも光ってるんです
雷が苦手な大輔に自分も雷が得意じゃないのに耳栓を震えながらも渡そうとする姿なんて大輔じゃなくてもキュン♡ときてしまいますね

fre004.jpg

プリキュアの男キャラとしてはちょっと物足りない大輔ですが、この2人の関係性はかなり大好きです
喧嘩友達的な間柄だった2人がちょっとずつ近づいていく過程はまさにあまずっぺーの一言に尽きますからね
プリキュア男性陣の中では若干嫌われがちな大輔や御子柴ですが、おそらくそれまでの男キャラと方向性があまりにも違ったのが原因なんじゃないかと
藤P先輩と牛乳王子はハイスペックイケメンですし、ココやナッツは衝撃を受けるとすぐ妖精に戻ってしまうという弱点があるものの心根は常にイケメンでしたからね
そこに来て等身大よりの中学生だったからちょっと反動が大きかったんじゃないかなー、と思っています

fre003.jpg

そんな2人の関係は本編中では大輔の告白に対してラブが言っわなーい!と返して終了
明確な答えこそ返さなかったもののしばらくしたらこの2人付き合ってるんだろうな、と思わせるような締め方ですね
最初から最後まであまずっぺー2人でした

・ハートキャッチプリキュア!

3339 
3355

歴代でも屈指の恋愛要素の薄さを誇るハトプリ
その中であえて1つ挙げるとするならゆりさんとハヤトくんですかね
一応ハヤトくんが告白した形で終わっていますが、果たしてその思いが実る日はくるのか
ハヤト君が与り知らぬところでゆりさんは数々の修羅場をくぐってきてますからね~
なかなか厳しそうではありますが、応援してあげたくなる2人です

3332

この回はえりかのこれ…とうとう来ちゃったかな、あたしの時代がというセリフがすごい大好き
本編中では恋愛要素皆無のえりかですが、つぼみと同じくいちゅきに惚れて玉砕した経験があったりと恋愛自体にはちゃんと興味があるんですよね
えりかの恋愛見てみたいような見たくないような…
ちなみに上記のセリフは誰からも相手にされず完全にスルーされてしまいます
それもまたえりからしいですね

heartcaych746.jpg

本編中で思春期男子を勘違いさせるような行動を取りまくってたつぼみですが、明確に惚れていた描写があったキャラは幼馴染のみつるくんだけ
つぼみ自身が片思いしていたのは男装女子のいちゅきに妖精のコッペ様とことごとく恋愛運がありませんでしたが、ちゃんと誰かとくっつくことはあるのだろうか
このみつるくんも色んな男子を勘違いさせるつぼみにやきもきしていそうです
つぼみは悪女だなぁ!

・スイートプリキュア♪

suite422.jpg 
suite423.jpg

スイートでは奏→王子先輩への片思いが一応恋愛要素ということになるんでしょうか
この憧れの先輩に片思いというのは初代やSSのリスペクト的なものを感じますね
これに限らずスイートは原点回帰的な部分が色々見受けられるのでこれも意図的なものかも
一時期エレンも巻き込んで三角関係になるのかと思っていましたが、いつの間にかそれっぽいフラグは消滅していました

とは言え、正直これはあまり恋愛要素という感じはしないんですよね
王子先輩の存在自体それほど重要なものではありませんし、ぶっちゃけ奏がたおやかになるための舞台装置ぐらいの扱いです
王子先輩のキャラも憧れの先輩という言葉そのものの擬人化といってもいいぐらいちょっと人間味が薄いところありますし
藤P先輩や牛乳王子もちょっと似た所はありましたが、ちゃんと人間味はありましたからね

suite420.jpg 
suite421.jpg

むしろスイートのあまずっぺー担当はアコと奏太です
出てくるときは大体2人セット、奏太もいい奴ですし、アコの親であるメフィストに半ば公認されてる感もあります
プリートフォンでアコがまだ恋愛とか分からないとか言っていたので実質恋愛未満ではありますが、この先を見守っていきたくなる2人ですね
そう言えばアコも成長したらアフロディテみたいに巨大になってしまうんだろうか…

・スマイルプリキュア!

sm004.jpg 
sm003.jpg

基本的にはハトプリと同じかそれ以上に恋愛要素のないスマプリ
しかしスマプリには1エピソードだけ素晴らしい恋愛回があります
それがこのブライアン回

ポッと出の男キャラにプリキュアと恋愛させて大丈夫!?なんて不安を吹き飛ばすぐらい純朴な好青年のブライアン
あかねとの関係は実にさわやかでした
この回はあかねのかわいさもばっちり堪能できて、個人的にプリキュア恋愛回の中でもトップクラスに好きな話です
スマプリは基本的に明るく楽しい話がメインでボーっと見るのに最適なんですが、たまにこういう話を不意打ちでいれてくるので油断ができません

sm001.jpg 
sm002.jpg

直接的な恋愛要素ではありませんが、スマプリは恋愛関係の話になるとキャラがすごいキャーキャー騒いでいたのが印象的
あのれいかさんですら食いつきがハンパないですからね
恋愛の当事者はもうちょっとしっとりしていてもいいですが、周囲のキャラはこれぐらい大げさな方が見ていて楽しいのでスマプリキャラのこの恋に恋してる感はすごい好きです
そう言えばれいかさんって第1話で男子にモテるとかってあかねが言っていたのにそういうエピソード全く出てこなかったな…

・ドキドキ!プリキュア

doki074.jpg 
doki075.jpg

ドキプリならやっぱりイラりつ!
この回はイーラが評したとおり六花の天使っぷりが再確認できますね
この2人はこの回でフラグが立ち、その後もちょくちょく絡むんですが、最終的にはどこか宙ぶらりんなまま終わってしまいました
ただ、これに関しては六花がイーラは戻ってくると思っているというフォローがコンプリートブックに書いてあったので、完全に終わってしまったわけではないのが救いかな?
最終回の六花の方チラッと見つつ何も言わずに去っていくイーラというのもらしいっちゃらしいですけどね

doki070.jpg 
doki069.jpg

六花とイーラのフラグが立つこの回はなぜか妙にフェティッシュな表現がチラホラ
ソックスの入った靴とか、口に入った髪の毛を払うしぐさとかやたらとセクシーでした

doki073.jpg

ドキプリは他のメンバーの恋路に関しては特になし
ありす父登場回で告白タイムとかありましたけど、一瞬で終了してしまいましたし
ドキプリはあまりにもスペックが高いというかどうにも普通に恋愛をするような感じじゃありませんからね
だからこそこの中では一番常識人の六花にイーラとの恋愛というお鉢が回ってきたのかも

マナに関しては一応二階堂と若干のフラグがあると言えばあるんですが、正直釣り合っていないというかマナが二階堂になびく姿が想像できないというか…
マナの恋愛相手は二階堂よりも設定でのみ存在するありす兄の方が合ってる気がします
マナが生徒会長を目指すようになったきっかけにもなったという超重要人物なのに本編では身登場というのが惜しいですね
誰か1人を愛してしまったらマナの博愛精神が小さくなってしまうのではということでマナから恋愛要素は消えてしまったという経緯があるみたいですが、これは正解だったと思います

ちょうどハピプリではブルーが似たような境遇ですからね
ミラージュを愛しているけど、神様だから人類全てを平等に愛さないといけない…
ドキプリでは削られた部分に踏み込んでいますが、確かにこれをマナでやっていたら印象がかなり変わっていた気がします
果たしてハピプリではどういう愛の形を見せてくれるのか楽しみですね


簡単にではありますが、プリキュアの恋愛について振り返ってみました
こうして見ると色々あるので好き嫌いや感じ方なんかも人によって違うと思います
また、ハピプリの恋愛が歴代のものと比べるといくらか踏み込んだものなんじゃないかという気もしてきますね

プリキュアとは関係ないんですが、最近思うのが最近の子どもたちはあまり恋愛要素を求めていないんじゃないかという事です
今や社会現象レベルにブームを起こしている妖怪ウォッチや女児に人気のアイカツやプリパラあたりは軒並み恋愛要素は薄いor無いんですよね
老若男女問わず恋愛ネタは鉄板だと思っていましたが、もしかしたらそういう時代なのかもしれませんね
深夜アニメなんかでも女の子がひたすらキャッキャウフフする日常もの、美少女動物園なんて揶揄されるジャンルが安定して人気ですし(自分も大好きですが)
プリキュアが今後どういう展開をしていくのかは分かりませんが、次回作は恋愛要素薄めかもしれませんね



映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [Blu-ray] プリキュア10周年公式アニバーサリーブック プリキュア ボーカルベストBOX
改訂版 馬越嘉彦 東映アニメーションワークス(仮) 川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス プリキュアエンディングムービーコレクション ~みんなでダンス! ~ [Blu-ray] 2015カレンダー ハピネスチャージプリキュア!

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 [Blu-ray]
プリキュア10周年公式アニバーサリーブック
プリキュア ボーカルベストBOX
改訂版 馬越嘉彦 東映アニメーションワークス(仮)
川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス
プリキュアエンディングムービーコレクション ~みんなでダンス! ~ 【Blu-ray】
2015カレンダー ハピネスチャージプリキュア!



関連記事
Comment
プリキュアの恋愛要素は「あまずっぺー」が丁度良いかな・・・
今回のキモータさんの記事はとても読みやすくてわかり易くて、同時に歴代の事も簡単におさらいされるなどとても素敵な記事でしたね。
というか、別に前回のいおな-海堂の記事が批判的とか誤解とかそういう印象は全くありませんので、どうぞそれはご安心下さいね。キモータさんの記事は素敵な「プリキュア愛」に溢れていますし、自分もとても深い敬意を持って毎回プリキュアの記事等を拝見させて頂いております。
そうですね・・・
プリキュアの恋愛話については、
私も今回のいおな-海堂、とかラブ-大輔とか
あかね-ブライアン程度の「あまずっぺー」程度に抑えておく方が良いと思います。
確かにご指摘の通り、最近の小さいお子さんとかは、あまりアニメにベタな恋愛要素は求めていないようにも思えますし、比較的最近のアニメの傾向として、①恋愛要素薄め、②一人の男のが複数の女の子にモテモテのハーレム状態という感じがして、こうした一対一の濃厚な濃い話はパスされる傾向にあるようですので、プリキュアの世界、特にハピネスの世界では、最後はめぐみ―誠司は結ばれて欲しいけど、ラブのように「しーらなーい」と少しはぐらかして終わった方がむしろ「らしい」のかもしれませんよね。
個人的感想としては、歴代プリキュアのベストカップリングは、(妖精-人間の関係は除外扱いにすると)
なぎさ-藤P先輩 ラブ-大輔 めぐみ-誠司かなと思ったりもします。
だけど万一和也さんと咲が結ばれたら、咲と舞は義理でも姉妹関係になってしまいますね・・・・(笑)
奏が「王子せんぱーい」とはしゃぐのは、単に「響大好き」のカムフラージュのようにも見えてしまいますね・・・
Re: プリキュアの恋愛要素は「あまずっぺー」が丁度良いかな・・・
>ぬくぬく先生さん
ありがとうございます
批判的な内容に見えていなかったのなら良かったです
そうですね、最近の傾向的にも恋愛要素はあまずっぺーぐらいがちょうどいい気がしますね
誠司とめぐみも最終的にどう落ち着くのか楽しみです

そう言えば咲と和也が結ばれたら舞と義理の姉妹になりますね
舞は本編中だと咲が和也のことを好きだと知らない風でしたが、それを知ったら喜びそうです
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
おすすめ商品
仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DX戦極ドライバー 仮面ライダー鎧武&バロンセット

仮面ライダー鎧武 (ガイム) 変身ベルト DXゲネシスドライバー&メロンエナジーロックシード

ドキドキ! プリキュア Blu-ray
   

Yes!プリキュア5 Blu-rayBOX
 

映画プリキュアオールスターズNew Stage3 永遠のともだち 特装版 Blu-ray

映画ドキドキ!プリキュア マナ結婚!!?未来につなぐ希望のドレス

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! Blu-ray

川村敏江 東映アニメーションプリキュアワークス

プリキュア10周年公式アニバーサリーブック

世界制服作戦 ふたりはプリキュア 美墨なぎさ

ハピネスチャージプリキュア! ハピネス変身!プリチェンミラー

ハピネスチャージプリキュア! キュアライン

プリパラ プリパス アイドルリンク ミルキーピンク

烈車戦隊トッキュウジャー 変身ブレス トッキュウチェンジャー

プリキュアエンディングムービーコレクション ~みんなでダンス! ~ Blu-ray

S.H.フィギュアーツ キュアハート

S.H.フィギュアーツ仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ

HGBF 1/144 ビルドバーニングガンダム (ガンダムビルドファイターズトライ)

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box
 

ハピネスチャージプリキュア! かわルン☆コレクション

ガイストクラッシャーゴッド
amazon ホビーランキング
アクセスカウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
プロフィール

キモータ

Author:キモータ
完全に主観的な感想です
一個人の感想ですが、見た人の参考になればいいなと思います

検索フォーム



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。